我れ死せど 強く生き抜け 秋山桜 -第63号-

秋山兄弟生家跡に一本だけ大きな桜の木がります。
この桜の木は駐車場になる予定でしたが、何とかお願いをして一本だけ残していただきました。
私はこの桜の木は子どものように思っています。今年も満開で私を迎えてくれました。

さまざまな 事思い出す 桜かな
(株)世界地図 代表 松岡 功

↑ ページの上部へ