日本とカンボジアとの友好の架け橋になりたい -第54号-

世界地図を購入していただいた光星学院様のおかげで、カンボジアのバッタンバン州にあるカムリエン校へ高山良二さんに依頼し、井戸を掘っていただきました。
それから八戸学院(光星学院)とカムリエン校は姉妹校になり、チェンターさんが留学生として光星学院に留学。
3年間勉強をし、茶道などの日本の文化を学びました。またブラスバンド部で活躍し、めでたく卒業致しました。
今年4月、松山にある東雲女子大学に入学しました。大学生になってもチェンターさんは、人気者になると思います。
そして日本とカンボジアの友好の架け橋となってくれると思います。

さて歴史学者のトレンビー博士が、お爺さんからもらった世界地図一枚で人生が変わったように、「海外へ行きたい」とか「留学したい」など、夢や希望を持った子供(大人)もたくさん見受けられます。本当に嬉しい事です。
グローバル教育のスタートは、まず世界地図を見る習慣をつける事です。
紙切れ一枚で人生を変えるキッカケになる仕事ができることに、感動と感謝の気持ちいっぱいです。

↑ ページの上部へ