世界地図を活用して小・中学生7%アップ -第39号-

世界地図は、子供たちの人生を変えるほどすごく、ボディーブロー的にじわじわ効果の出るものです。しかし、具体的に費用対効果がどのぐらいなのかデータがないため、なかなか採用してもらえないことが多くありました。今回、長崎の大手塾・智翔館の直江代表より、前年に比べて小・中学生が7%アップしたのは世界地図のおかげだとはっきりした報告を受けました。智翔館がスポンサーとなり地元野球チーム「長崎セインツ」の世界地図を作り、佐世保市と平戸市の全小・中学生を対象に教育委員会を通じ、約2万枚を一人ひとりに手渡しました。

これに対して、先生・生徒、そして関係者皆さん大喜びでした。春季募集の大成功もこれが原因との事です。

これを機に世界地図がDM・チラシに変わる品格のある、教育事業らしい新しい広告媒体となることを祈っています。
御支援下さい。

↑ ページの上部へ