鳥のように -第38号-

ふりかえってみると
鳥のように
飛びまわった
わたしの人生であった
そして全く思いもかけない
ところにきて
その旅路を
終えようとしている
次の世には
朴の木にでもなって
一つの処に根をおろし
大きな木となり
自分の花を咲かせよう
漂泊流転
雲と共に消えてゆく
鳥のような
わたしの一生よ

坂村真民

↑ ページの上部へ