三本の桜 -第29号-

「坂の上の雲」の主人公、秋山兄弟の成果の庭の一本の桜が、今年も立派な花を咲かせてくれました(以前は他にも3本の桜の木があり、道路は桜の花びらでいっぱいでしたが)。

日本の国花は桜、海軍は桜、この1本の桜は私にとって非常に思い出の深い桜なので、いつまでも生き続けて欲しいと思います。又、鷺谷にある秋山好古のお墓の前の古い1本の桜の木も満開でした。

さて、4月13日の日曜日、西法寺の薄墨桜で、付属小学校花組みのクラス会がありました。私たちの恩師である西法寺住職賢衛先生は昨年亡くなられましたが、先生を偲んで今年も行われました。新しいお墓には「西法寺十五世」と書かれていました(ダライ・ラマより一代古い)。

温暖化の影響か、今年は桜の花びらが3本とも白く感じました。私が生きている限り、この3本の桜の木を見守っていきたいと思います。


↑ ページの上部へ